ニュース 皇室

眞子様の病気・複雑性PTSDとは?症状、治療法|国民のせいで発症?

眞子様_病気_複雑性PTSD

2021年10月26日に小室圭さんと結婚されることが確定した眞子様

結婚日の発表と同時に複雑性PTSD」という心的外傷後ストレス障害であることが報道されました。

眞子様が発症された「複雑性PTSD」とはどういう病気なのでしょうか。

眞子様の病気の症状や治療法、発症は「国民のせい」なのか、世間の反応をまとめました!

眞子様の病気・複雑性PTSDとは

眞子様_病気_複雑性PTSD

眞子様の病気「複雑性PTSD」とは、暴行、性的虐待、いじめ、家庭内暴力、拷問、戦争のような長期の対人関係の外傷に起因する病気とされています。

複雑性PTSDの発病原因

眞子様が複雑性PTSDを発症された理由は下記の通り。

自分自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事が長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた

引用:毎日新聞

婚約者である小室圭さんの母親の金銭トラブルや、小室圭さん自身の経歴詐称疑惑などで、長い間批判の声を受け、中には中傷の言葉も少なくなかったことから発病したと考えられます。

眞子様の複雑性PTSDの病状

眞子様_病気_複雑性PTSD

眞子様の現在の複雑性PTSDの症状は

  • 些細な刺激で強い恐怖を感じる
  • 集中困難
  • 焦燥感
  • 無気力

などがあるそう。

ただ、9月末までは博物館での勤務を全うされ、公務にもあたっていました

これは筆者の勝手な推測ですが、小室圭さんに関するバッシングの他に

  • これまで守られてきた「皇室」を離れること
  • アメリカという異国の地に行くこと
  • マリッジブルー

など、世間の批判以外の不安要素も、発病の原因に含まれるのではないかと思います。

眞子様の病気・複雑性PTSDの治療法

複雑性PTSDの治療法としては「STAIR/NST療法」があります。

STAIR/NST療法

  • STAIR療法:感情調整と対人関係調整スキルトレーニング
  • NTS療法:ナラティブ・ストーリー・テリング

STAIR/NST療法の内容

  • 患者の話しを聴き、共感的な理解を示す
  • 患者が自身の感情に気づき、言葉で表現できるようサポート
  • 感情調整のトレーニングで前向きな感情を取り入れられるようにする
  • 苦痛な感情に対する対処のトレーニング
  • 周りと心地よく関わるためのトレーニング

内容は他にも細かくありますが「発病者が無理なく症状から解放されるよう、段階的に現在や未来に希望があることを認識できるようサポートする治療法」です。

眞子様、病気「複雑性PTSD」の症状は軽い?

眞子様_病気_複雑性PTSD

複雑性PTSD」の症状や治療法を見ると、かなり深刻な病気のように思われます。

ただ、宮内庁の公表によると、眞子様は「現在の公務や、結婚の準備に支障はない」状態のよう。

周囲の方々の温かい見守りがあれば、健康の回復は速やかに進むと考えられる

引用:毎日新聞(秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長より)

とのことなので、軽傷の複雑性PTSDなのかもしれません。

眞子様の複雑性PTSDは「国民のせい」?

眞子様_複雑性PTSD_国民のせい

眞子様が複雑性PTSDであることが公表された直後、Twitterでは「国民のせい」というワードがトレンド入りし、一時期はトレンド1位となりました。

これには様々な意見がありますが、眞子様の複雑性PTSDは以下の理由から国民のせい」と言えるでしょう。

  • 発症の原因は「 自分自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事が長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた 」ため(報道より)
  • 批判の原因を作ったのは小室家(小室母の金銭トラブルと小室圭さんの対応):小室家=国民
  • 国民感情を煽る報道で批判が過熱:報道各社=国民
  • 誹謗中傷は一部の国民によるもの

眞子様が病気を発症されたのは「(自身や小室家に対する)誹謗中傷が長く続いたこと」が主な理由。

誹謗中傷の発端は、国民である小室家。報道をしたのも国民。誹謗中傷したのも国民。

ご家族(皇族)に理解してもらえなかったり、意見が衝突したりということもあったと思いますが、皇族以外は小室家含め「国民」ですから、眞子様の複雑性PTSD発症は国民のせいでもあると言えますね。

※眞子様自身や宮内庁が「国民のせい」だと発言したわけではありません

眞子様の・病気「複雑性PTSD」発症に対する世間の声

関連記事

-ニュース, 皇室